日本彫刻家が木からリアルなご飯を(写真)

日本の彫刻家川崎誠治は、木からつくった信じられないほどリアルな作品から、「森の彫刻家」というあだ名をつけられている。ロシアのテレビ局「МИР 24」が報じた。

男性はインターネットに人、動物のフィギュアそして木製食品の写真を投稿している。

男性が木から特にうまく作れるのはポテトチップスやクロワッサン、トーストなどの食品だ。川崎さんはこう述べる。

#wood #carving #sculpture #woodcarvings #toast #bread #breakfast #木彫リ #トースト #パン #アクリル #acrylic #art #アート

Фото опубликовано Seiji Kawasaki (@sawsnht) Фев 10 2016 в 11:20 PST

「おなかがすいたとき、インスピレーションがやってくる。おいしいものを食べるものが好きだから、創造は、色に向けた自分なりのファンアートだ」

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала