カナダ 航空ショーで練習機が墜落 操縦士が死亡

カナダのコールド・レイクで開かれた航空ショーで、ピストンエンジン式練習機T-28Aトロージャンが墜落し、操縦士が死亡した。17日、CBC Newsが報じた。

事故を目撃したコールド・レイクのクレイグ・コープランド市長によると、操縦士はコントロールを失い、その後練習機が墜落し、小規模の爆発が起こったという。

事故は観客から離れた場所で発生したため、観客にけが人はなかった。なお航空ショーは事故後、直ちに中止となった。

墜落した練習機を操縦していたのは、アマチュアパイロットでビジネスマンのブルース・エヴァンスさん。

先に伝えられたところによると、羽田空港でハワイアン航空の旅客機が緊急着陸し、日航は羽田発福岡行きなど国内14便の欠航を決め、約2000人に影響が出た。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала