中国になぜ巨大な新型原子力潜水艦が出現したか?

© Press-service of JSC "PO "Sevmas" 中国になぜ巨大な新型原子力潜水艦が出現したか?
中国になぜ巨大な新型原子力潜水艦が出現したか? - Sputnik 日本
数日前、中国のインターネットサイトに中国の原子力ミサイル潜水艦プロジェクト094の刷新バージョン(中国人ユーザーらの名称では094A)の写真が登場した。新原潜の造船の目的について、ロシア人軍事専門家のヴァシーリー・カーシン氏はスプートニクに次のようにコメントしている。

「原子力潜水艦は前の刷新バージョンに比べ、ミサイルシャフトの部分に大きな『瘤』が突き出ていること、また胴体部分の線にほかの変化がいくつか見られる点が異なる。

中国のネットユーザーらが最初に出した帰結はこの原潜は新型潜水艦発射弾道ミサイルJL-3を搭載したものろうということだった。このJI-3は先行するJL-2よりも射程距離が長い。

北朝鮮 - Sputnik 日本
北朝鮮が核実験を実施する可能性がある
こうした結論に至るにはそれなりの根拠がある。中国は海南島に原潜造船のための基本基地を建設した(一方で従来の造船基地はチンタオ付近に依然として残されているが)。これは南シナ海における中国艦隊が弾道ミサイル搭載の独自の原潜を確保するという実際上のチャンスと関係するだけではない。JL-2ミサイルの射程距離は8000キロを超えない。このため南シナ海からは米国まで届かないものの、アジア全体に配置されている米同盟国にある米軍基地であれば、いかなる場所も攻撃することができる。たとえば日本がそうだが、この方角は今あるMD、将来的なMDの両方においてあまりカバーされておらず弱い。だがこのミサイルは主要な課題を解決することができない。それは米国の核抑止だ。中国はここのところ射程距離の長い新型ミサイルの開発に取り組んできた。だが厳格な言い方をすれば、そうしたミサイルが軍備に加わる段階にあるとする論拠は現時点ではない。

JL-3が軍備に加わった場合、どんな事態になるのか? すでにある、JL-2搭載のプロジェクト094の4隻の原潜はどうなるのか? 新型原潜に比較すれば、今ある4隻の能力はかなり限定的だ。にもかかわらずこれを使用して安全保障を図ろうとすると多量のリソースを浪費することになる。米国領を攻撃できるたった1隻の船だけで艦隊を構成するなど意味のないことは歴然としている。

これから中国がとりうる行動パターンの1つとしては既にあるプロジェクト094の原潜を作り直すというものだ。これからJL-2が搭載された旧式のミサイルセクションを切り離し、新たなセクションを載せる。こうした解決方法は技術的には可能だが、かなりの費用がかかる。
それよりより現実性が高いのはいまあるJL-2搭載の094型を艦隊に残し、地域抑止力の基盤を作るというものだ。現在唯一のJL-3ミサイル搭載の094Aは新たな兵器システムを極めるための移行的モデルとなり、094Aに続いて新たなシリーズとして24基のJL-3ミサイルを搭載できるより巨大な原潜として096プロジェクトが作られるだろう。」

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала