オイルショックは2016年末に来る

© Flickr / Carsten ten Brink石油
石油 - Sputnik 日本
石油産業はまたも困難とぶつかり、原油価格は16年後半期にまたもや落ちて、17年中ほどまで停滞する可能性がある。モルガン・スタンレーのアナリストがそう述べた。

石油 - Sputnik 日本
原油価格が5月はじめ以来初めて1バレル=44ドルに下がる
原油価格はこの半月で下がった。国際的な指標であるブレント原油は1バレル=52ドルから、6月始めには1ドル=45ドルに下がった。また、最低水準は2ヶ月以上続き、7月末まで続いた。

また、サウジアラビアは原油価格が1バレル=50ドル以上にならないよう全力で努力している。なぜならそうなった場合、米国で現在オイルシェール採掘場で行われているような、高価な原油生産が再開される可能性があるからだ。

まさにサウジアラビアが価格戦争を仕掛け、コストがより高い原油が収益性の閾値を越えないような相場にすることにサウジアラビアには利益があるのだ。

さらに、もし石油輸出機構(OPEC)諸国が市場の割合をあまり譲らずに、日産700万バレルに削減するならば、2020年までには原油価格は75ドルまで上がる可能性があるとアナリストは指摘した。

先に伝えられたところによると、ロシア、石油産出の輸入技術から完全に脱却する

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала