調査:現代世界の4580万人が奴隷

© Fotolia / Vkara調査:現代世界の4580万人が奴隷
調査:現代世界の4580万人が奴隷 - Sputnik 日本
11日公開された2016年の年間「グローバル奴隷指数」によると、現代世界には4580万人の奴隷がいる。

米学者:怠慢が高い知性の兆候である事を証明 - Sputnik 日本
米学者:怠慢が高い知性の兆候である事を証明
「グローバル奴隷指数」はウォーク・フリー財団が毎年算定しているもの。世界の労働および性奴隷人口の推定数を報告し、また、世界各国の「奴隷リスク」について主観的な評価を下す。

2016年版では、世界の167の国についてのデータが含まれているが、シリア、イラク、リビア、アフガニスタン、イエメンなど交戦状態の国々については完全な情報がない。

割合でみて奴隷制が最も広く行われている国は北朝鮮、ウズベキスタン、インド、カンボジア、カタール。

逆に最も少ないのがルクセンブルク、アイルランド、ノルウェー、デンマーク、スイス、オーストリア、スウェーデン、ベルギー、米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドとなった。ただし、これらの国に労働奴隷はほとんど存在しないが、性奴隷制のレベルは十分に高い、と指摘されている。

一部の専門家は、政治的な偏りを批判している。例えば、北朝鮮の労働収容所の囚人の労働は奴隷的とされている点について。しかし、どのような方法で算定しても、世界に数千万人の無慈悲な労働力や性的対象物として利用されている人々があることは確かであり、アナリストらは指標の重要性は一様に認めている。

先に公開されたデータによると、半数以上の英国人女性が職場でセクシャルハラスメントを受けたことがある。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала