登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

18世紀のフランスの城の所有者 自らの手で城に火をつける(写真)

© AFP 2021 / Daniel Mihailescu
城 - Sputnik 日本
フォローする
土曜日にかけての深夜、18世紀に建てられたフランスの小さな城を所有する女性が、自らの手で自分の城に火をつけた。仏ラジオ局「Europa 1」が伝えた。

​城は、フランス南西部ロット=エ=ガロンヌ県のコミューン、カスイテリキュリエにあり、一部がホテルとして使用されていた。焼損面積は700平方メートル。

原因は、城を所有する女性の精神障害。女性はその後、憲兵に罪を認めた。

女性は現在、精神病院に収容されているという。

先に伝えられたところによると、イングランド南西部のコーンウォール郡で考古学者達は、英国の叙事詩の中心的なヒーローで多くの騎士物語の主人公となったアーサー王のものとみられる中世の城跡を発見した

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала