米民主党のネットワークに侵入したハッカー ロシアとのつながりを否定

米民主党全国委員会のネットワークに侵入したとする声明を出したハッカー「Guccifer 2.0(グーシファー2.0)」は、「Guccifer 2.0」がロシア政府のために活動しているという専門からの主張を否定した。ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。

ハッカー - Sputnik 日本
ハッカー、米特殊部隊の「サイバー兵器」競売の意向
ハッカーは、「私は専門家たちの複数の報告書を調べた。そこでは私のプロキシサーバが何らかの形でロシアとつながりがあり、ロシア語版と英語版もあると述べられている。これは彼らの人を説き伏せようとする証拠だ」と発表し、このような非難は「ナンセンスだ」と指摘した。

またハッカーは、自分は1人で活動しており、その主な目的は真実をつきとめることだと発表した。

先に、米国の裁判所が、ハッカー「Guccifer」に4年以上の懲役刑を言い渡した

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала