原油価格、急騰後の修正として下落

原油価格がOPEC諸国の市場安定に向けた共同行動について合意したことを受けて急騰した後、下方修正として世界的に低下している。

イランの産油量 制裁前の水準に達する - Sputnik 日本
イランの産油量 制裁前の水準に達する
ブレント北海混合原油の12月先物価格は日本時間12時半現在、0.24パーセント下落、バレル当たり50.77ドルに。 WTI 11月先物は0.35パーセント下落、バレル当たり48.64ドルになった。

先週アルジェリアでの非公式会合でOPECは一日あたりの生産量を3250-3300万バレルの範囲に制限することで合意したが、各加盟国の具体的な制限値に何ついては合意がない。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала