登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Концепция современных технологий - Sputnik 日本
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

学者、学習のために最も難しい言語を特定

フォローする
ノルウェーのオスロ大学の研究者が様々な民族の珍しい言語を研究し、学習するのに最も奇妙な言語は、ブラジル・アマゾンのジャングルに住んでいる民族が用いるピダハン語だという結論に至った。

ロルフ・タイル氏率いる学者チームは、研究の基礎として、ピダハン族と住んでいたダニエル・エベレット氏の研究を用いた。ピダハン語の発音には多くの笛のような音があることで、多くの他の言語と顕著に異なる。ピダハン族は様々なメッセージを送るため、トーンやメロディーが異なる口笛を互いに吹く。このような交流方法を選択したことは、このような音は遠くまで届き、ジャングルで迷った者が正しい方向を見つける助けになることによる。

ピダハン族は350人ほどの少数民族だ。これは、ピダハン語には数や色、家族関係についての具体的な情報のための単語が少ないことを一部説明する。彼らは伝統的に売買に参加しないため数字は不要であり、色は連想によって描写することができるのだ。例えば、赤の描写に血という単語を、緑色には葉を用いる。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала