米国エネルギー省の多義的データにより原油価格が微増

© Fotolia / Ded Pixto米国エネルギー省の多義的データにより原油価格が微増
米国エネルギー省の多義的データにより原油価格が微増 - Sputnik 日本
国内の週間備蓄に関する米国エネルギー省の多義的データを受け世界の原油価格が木曜、微増している。

アメリカ国旗 - Sputnik 日本
トランプ次期大統領、生産拠点国外移転に対する関税35%
ブレント北海混合2月先物価格は日本時間14時58分現在0.08%増でバレル当たり53.304ドル、WTI原油1月先物価格は0.20%上昇しバレル当たり49.87ドルになっている。

水曜発表された米国エネルギー省のデータでは、2日までの一週間における国内の商業石油備蓄(戦略的備蓄を除く)は240万バレル減少した。アナリストらはより小さな減少幅を予想していた。

同時に、同国最大のターミナルであるクッシングの石油備蓄は380万バレル増加した。ロイターによれば2009年以来の高い伸び率だ。

原油関連のニュースはこちら

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала