マケドニア議会選、少数アルバニア系野党は大きな存在に

© AP Photo / Boris Grdanoskiマケドニア
マケドニア - Sputnik 日本
旧ユーゴスラビアのマケドニアで11日、議会(一院制、定数123)の前倒し選挙が行われ、グルエフスキ前首相率いる中道右派与党・マケドニア民主党連合と中道左派野党・社会民主同盟連合の接戦となっており、両者ともほぼ同等の得票となった。

民主党連合は、同連合の政権下で失業率を下げてきた実績を強調。一方、社会民主同盟連合は汚職対策を訴えてきた。

マケドニアでは昨年、司法への介入など当時のグルエフスキ政権による大規模な不正が発覚。グルエフスキ氏は今年1月に首相を辞任し、選挙管理内閣が発足した。

今後の議会運営において少数民族アルバニア系野党の票が大きな影響を持つようになると予測される。リア・ノーボスチ通信が報じた。

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала