数百人の女性患者がメキシコの外科医「胸肉屋」の被害に

メキシコで非常に低額の整形手術に釣られ、女性たちが「胸肉屋」というニックネームのアマチュア外科医に身を任せた。

シリア紛争に訪れなかった西側メディアは一体どうして紛争に「光を当て」られたのか? - Sputnik 日本
シリア紛争に訪れなかった西側メディアは一体どうして紛争に「光を当て」られたのか?
カスティア・バルデス容疑者は整形外科手術の許可を偽造して、脂肪吸引手術ないし豊胸手術に対し100米ドルという極めて低い価格で客を集めていた。低額に釣られた数百人の女性が結果的に得たのは美しいバストや細い腰ではなく、重軽傷だった。

「外科医」の女性は自室で手術を行っていた。麻薬として容疑者はMDMA(エクスタシー)を患者に投与し、 メスの代わりにキッチンばさみを用いていた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала