北極で子だくさん家族がガラスドームの中の粘土の家で暮らす

© Screenshot: Barcroft TV北極で子だくさん家族がガラスドームの中の粘土の家で暮らす
北極で子だくさん家族がガラスドームの中の粘土の家で暮らす - Sputnik 日本
フィヨルテフォルガーさん一家は4年前、未開の地で暮らすために引っ越した。フィヨルテフォルガーさん一家が考えたのは、ノルウェー北端にあるsandhornoya島の完全に自給自足型の3階建ての家で暮らすということだった。

フィヨルテフォルガーさん一家の家は有機材料でできており、家を取り囲むジオデシック・ドームのおかげで最適に機能する。ガラスドームを設計したのはSolardome社。

組み立てにかかった期間はわずか3週間。ドームは北極の風や雪から家を保護するほか、スペースを均等に照らすことを可能とする。ドームには、家の全エネルギー需要を提供するソーラーパネルが組み込まれている。ドームの内部は微気候であるため、野菜などを栽培することもできる。

ただ一年のうち3ヶ月は北極の夜に包まれるが、ドームのおかげでフィヨルテフォルガーさん一家は6ヶ月の間に、屋外で可能な量を超える食料を生産することができるという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала