玄海原発3、4号機、合格へ 規制委、審査書を議論

© Flickr / Ayumu Kawazoe玄海原発3、4号機、合格へ 規制委、審査書を議論
玄海原発3、4号機、合格へ 規制委、審査書を議論 - Sputnik 日本
共同通信によると、原子力規制委員会は18日、定例会合を開き、九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県)が新規制基準を満たしているとする「審査書」について議論する。

結核予防ワクチンが100年ぶりに開発 - Sputnik 日本
結核予防ワクチンが100年ぶりに開発
審査書が正式決定され、合格する見通し。審査合格は6例目。

九電は2013年7月に審査を申請。当初、免震重要棟を新設し、その中に重大事故時の対応拠点となる「緊急時対策所」を置く方針だったが、審査中に撤回、耐震構造の施設に変更した。

九電は、耐震補強などの安全対策工事を今年3月末までに終え、3号機ではプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を使うプルサーマル発電を行う計画。

ただ、佐賀県伊万里市など周辺自治体に再稼働への反対論があり、地元同意の手続きがどのように進むか不透明だ。30キロ圏内に多数ある離島の住民避難も課題となる。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала