ポップコーン不足の時代がすぐにも到来?

国際農業生命科学センターの専門家が、ツマジロクサヨトウガ(Spodoptera frugiperda)の幼虫である毛虫のスイートコーンにとっての危険性を警告した。

ハムスターを共食いに導いた原因はトウモロコシだった - Sputnik 日本
ハムスターを共食いに導いた原因はトウモロコシだった
現在、この毛虫がアフリカの熱帯地方で作物を襲っている。幼虫たちは北部、南部アメリカからアフリカに入ってきたと見られている。

毛虫らはスイートコーン含む大部分の植物を食べる。もしSpodoptera frugiperda対策が見つからなければ、毛虫は地中海やアジアのプランテーションにまで進出するだろう。

国連の食料農業機関は今月14日から16日にかけてこの状況を話し合う緊急集会を行うことを計画した。

Spodoptera frugiperdaによって70%の穀物がやられたザンビアは、毛虫対策に空軍を出動させた。

それより前に、日本は2016年7月から2017年6月にかけての今年の農産年度で、ロシアからのとうもろこし輸入を大幅に拡大したと報じられた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала