原油価格 OPECの合意と米国の掘削リグ・データを受け様々な値動き

© Sputnik / Maksim Bogodvid石油
石油 - Sputnik 日本
火曜日朝、原油の世界価格は、OPEC加盟国によるウィーンでの採掘削減合意と、米国の石油ガスサービス会社Baker Hughesが発表した掘削リグ数増加の報を受け、様々な値動きを示している。この事は、取引所のデータが裏付けている。

それによれば、日本時間14時40分の段階で、北海ブレント原油の4月先物取引価格は0,05%下がり、1バレル=56,15ドルとなった。一方WTI(米国産標準油種)の4月の先物取引価格は0,41%上がり、1バレル=54ドルとなった。

原油関連のニュースはこちらから。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала