アラスカ沖で原油流出 絶滅危惧種のベルーガを脅かす 【写真】

石油ガス会社Hilcorp Alaskaが、アラスカ沖クック湾で原油が流出し、希少動物のベルーガ(シロイルカ)が絶滅する恐れがあると発表した。米国生物多様性センターが伝えた。

スプートニク日本

原油価格下落、米国の掘削リグ稼働数が増加 - Sputnik 日本
原油価格下落、米国の掘削リグ稼働数が増加
プレスリリースによると、クック湾ではわずか340頭しか残っていないベルーガを脅かす油膜が形成された

米国生物多様性センターの洋プログラムの責任者サカシタ・ミエコ氏は、Hilcorpが前回の流出からこんなに早く再び流出をしでかすとは思えなかったため、当初流出に関するニュースはエイプリルフールの悪い冗談だと思ったと述べた。

またサカシタ氏は、海洋油田開発の安全な方法は存在しないと強調した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала