登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

日本 乳児ボツリヌス症で初の死亡例

© AP Photo / John Minchillo日本 乳児ボツリヌス症で初の死亡例
日本 乳児ボツリヌス症で初の死亡例 - Sputnik 日本
フォローする
東京都は7日、はちみつを食べたことが原因で乳児ボツリヌス症になった足立区の生後6カ月の男児が死亡したと発表した。

スプートニク日本

都によると、統計がある1986年以降、乳児ボツリヌス症での死亡例は全国で初めて。男児の家族ははちみつが乳児にボツリヌス症を引き起こすことを知らずに、

1月間にわたってはちみつを混ぜた離乳食を食べさせていた。

普段の生活で蜂蜜の摂取量が多いロシアでは、小児科医らは親を指導する際に、1歳を過ぎるまで、蜂蜜は与えてはならないと警告している。小児科医らによる情報サイト、「ペジアトリア・インフォ」には「乳児ボツリヌス症とは、自然界に存在するボツリヌス毒素によって引き起こされる病気。蜂蜜は乳幼児には特に、それが真正細菌の一種であるクロストリジウム属の桿菌の温床となるため、与えてはならない」と書かれている。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала