登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

天皇退位特例法案の政府要綱が提示 全体会議が国会見解に沿うと評価

© Sputnik / Sergey Subbotin天皇退位特例法案の政府要綱が提示 全体会議が国会見解に沿うと評価
天皇退位特例法案の政府要綱が提示 全体会議が国会見解に沿うと評価 - Sputnik 日本
フォローする
日本では天皇の退位を実現する特例法案を巡り今日、衆参両院の正副議長や各党派代表者による全体会議が開かれ、政府側から示された法案要綱が検討された。共同通信が報じた。

スプートニク日本

全体会議の終了後、大島理森衆院議長は記者団に対し、要綱は3月の国会見解に沿った内容との認識を示して評価した。

全体会議に出席した菅氏からは19日に法案を閣議決定する方針が示され、安倍首相は昼の政府与党連絡会議で今国会での成立を目指して全力を尽くす姿勢を表明した。

陛下の退位日となる特例法施行日は、公布の日から3年を超えない範囲で政令により定める。その際、首相は皇室会議の意見を聞くとの規定を盛り込んだ。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала