台風5号、新潟県沖北上 滋賀の川氾濫、住民避難 東日本や東北も暴風、高波を警戒

台風5号は8日、北陸から日本海へ抜け、新潟県沖を北東に進んだ。7日からの雨で滋賀県や福井県では避難指示が出ている。東日本(関東甲信、北陸、東海)や東北でも河川の氾濫や土砂災害、暴風や高波への警戒が呼び掛けられた。共同通信が報じた。

スプートニク日本

滋賀県長浜市で8日未明、姉川が氾濫し、約550人が小中学校に避難した。福井県敦賀市でも笙の川が氾濫危険水位に達したことから約3100世帯、約7千人に一時避難指示が出されている。
東日本や東北では9日にかけて、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見通し。

台風5号は今後、日本海沿岸を北東に進み、9日夜までに秋田県沖で温帯低気圧に変わる見通し。速度が遅いため、影響が長く続いている。

台風5号は8日正午現在、新潟県糸魚川市の北約50キロをゆっくりと北東に進んでいる。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала