長崎 平戸沖で船沈没 乗組員2人行方不明

長崎県平戸市沖の海上で22日朝、約100トンの船が沈没する事故があり、乗組員5人が行方不明になっている。海上保安部などが周辺を捜索している。NHKが報じた。

岩国航空基地で海上自衛隊のヘリが横転 【写真】
スプートニク日本

長崎県の佐世保海上保安部に入った連絡によると、22日午前4時前、長崎県平戸市の平戸大橋から北におよそ4キロの海上で、「あをい丸」という船が沈没した。

乗組員1人が近くの漁船に救助され、病院に搬送された。救助された男性は、船にほかに乗組員5人が乗っていたと話した。海上保安部などが捜索している。

最後の情報によると、行方不明だった5人のうち男性3人が救助された。このうち1人が意識不明の重体となっているという。

先に伝えられたところ、22日未明、秋田県横手市南町の木造2階建てのアパートで火災があり、少なくとも3人が死亡、10人がけがをした。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала