国際原油価格が下落 米国内ガソリン、ディスティレート備蓄増が影響

国際原油価格は23日午前、米国石油協会(API)が発表した米国内のガソリン、ディスティレート(留出油)の備蓄量が18日間での1週間で100万バレル以上増加したことへ投資家が反応し、下落している。

スプートニク日本

日本時間14時09分の時点でブレント原油10月先物価格は0.33%下落し、1バレル51ドル70セントに、WTI原油10月先物価格も0.29%下がって1バレル47ドル69セントの値を付けている。

原油関連のニュースはこちら

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала