登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

実は4年前に消えていた「聖火の火」 鹿児島

© AFP 2021 / Aris Messinis聖火の火
聖火の火 - Sputnik 日本
フォローする
1964年の東京オリンピックの聖火を保存し続けていた鹿児島県の施設で、4年前にこの火が消えていたことが明らかにされた。NHKが報じた。

スプートニク日本

火は、2020年の開催地が東京に決まった際に「東京オリンピックの聖火」と紹介されていたものの、実際は再点灯されたものだった。当時の所長は「夢を壊すようなことを言えず、葛藤があった。今は『聖火の火』と紹介するのをやめている」と話している。

金正恩 - Sputnik 日本
金正恩氏に狙われているオリンピック
鹿児島市にある県立青少年研修センターは、前回、昭和39年の東京オリンピックの聖火リレーで使われた種火を譲り受け、ランタンに入れ、職員が灯油を継ぎ足しながら大事に守ってきた。

ところが研修センターの元所長の話では、火は、2020年のオリンピック・パラリンピックの開催都市が東京に決まる直前の2013年8月ごろに、管理がうまくいかず、消えた。 この件についてコメントを求められたJOC=日本オリンピック委員会は、「聖火は大会が終われば消してしまうので残っていないはずのものだ」と話している。

先の報道によると、国際オリンピック委員会(IOC)は2024年、2028年の五輪招致都市候補を最終的に発表した。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала