俳優ケヴィン・スペイシー ゲイであることをカミングアウト

人気俳優のケヴィン・スペイシーがツイッターで、自身の性的指向を表明した。

スプートニク日本

スペイシーは、俳優のアンソニー・ラップが以前スペイシーからセクハラを受けたと主張したのを受け、ゲイであることをカミングアウトした。1986年に開かれたパーティーで当時26歳だったスペイシーは14歳だったラップを抱きかかえてベッドへ投げ出し、誘惑しようとしたという。

ロナウド選手、大金を持ったゲイと自称 - Sputnik 日本
ロナウド選手、大金を持ったゲイと自称
スペイシーはラップの主張に対しツイッターに声明文を表し、ラップを俳優として非常に尊敬しており、この話に驚いているとし、「正直に申し上げて、私はこの出来事を覚えていません。これは30年以上も前のことです」と説明し、もしこれが本当のことであれば謝罪すると伝えた。

またスペイシーは、この話は自分の人生と関係する「別件についても話をする」気にさせたとし、「私の最も近しい人たちは、私には男性とも、そして女性とも関係があったことを知っています。私は自分の人生を通して男性を愛し、彼らとロマンチックな関係を築き、そして今、私はゲイとして生きることを決めました」と表明した。

スペイシーは、映画『アメリカン・ビューティー』でアカデミー主演男優賞を受賞。2013年からはドラマシリーズ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』で主役の政治家フランシス・アンダーウッドを演じている。

​セレブ関連のニュースはこちら

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала