国際原油価格が急上昇 API発表の米国内備蓄減に反応

© AP Photo / Hasan Jamali石油
石油 - Sputnik 日本
国際原油価格は22日午前、米国石油協会(API)の米国内備蓄量発表への投資家らの反応を反映して値上がりしている。

スプートニク日本

日本時間13時51分の時点でブレント原油1月先物価格は0.64%値上がりし、1バレル62ドル97セントに達した。またWTI原油価格も1.53%上がって1バレル57ドル70セントの値を付けている。

APIのレポートによれば、11月17日までの1週間で米国内備蓄は、150万バレル減というアナリストらの予測に反し、それより各段に多い635万6千バレルも減少し、4億5260万バレルになった。

APIレポートで備蓄の急速な減少が確認された後、投資家らは、同日これより後に出される米エネルギー省の国内備蓄量の発表待ちの姿勢を見せている。

原油関連のニュースはこちら

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала