沖縄知事、相次ぐヘリ不時着批判 「米軍は制御不能」

沖縄県の翁長雄志知事は24日、同県渡名喜村への米軍ヘリコプター不時着などトラブルが相次いでいることに関し「米軍が制御不能になっている。管理監督が全くできない」と批判した。那覇市内で記者団に語った。小野寺五典防衛相も「あまりに多い」と述べ、在日米軍の全航空機の整備点検を徹底するよう米側に申し入れたことを明らかにした。

スプートニク日本

翁長氏は在沖縄米軍トップのニコルソン沖縄地域調整官が8日に、ヘリ不時着に関し県幹部に「クレイジーだ」と謝罪したことを引き合いに「まさしく米軍全体がクレイジーになっている」と強調。日本政府には「当事者能力がない」と指摘した。

(c)KYODONEWS

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала