首相、改憲論議の深化に期待 発議時期明言せず、参院代表質問

© Sputnik / Tabyldy Kadyrbekov  / フォトバンクに移行安倍首相
安倍首相 - Sputnik 日本
安倍晋三首相の施政方針演説に対する各党代表質問が25日午前、参院本会議で行われた。首相は憲法改正について「憲法審査会で各党による建設的な議論が行われ、与党、野党に関わらず幅広い合意が形成され、国民的な理解も深まっていくことを期待する」と述べ、議論の深化に改めて期待感を表明した。民進党の大塚耕平代表は発議の目標時期を尋ねたが、首相は明言を避けた。

スプートニク日本

首相は、改憲手続きを定めた国民投票法の改正に慎重な姿勢を示した。大塚氏は、ちらしなどの広告が原則自由になっている現状を指摘し、不公正な世論誘導が行われないようなルールの作成を要求した。

(c)KYODONEWS

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала