予算委で不適切データ問題を追及 野党、裁量制切り離しも

衆院予算委員会は26日午後、安倍晋三首相と関係閣僚が出席して集中審議を実施する。これに先立つ午前の予算委分科会では、希望の党の山井和則氏が不適切データと問題になった調査に当たった労働基準監督官が「ずさんな調査だった」と証言した共同通信の報道などに触れ、労働時間の再調査や、働き方改革関連法案からの裁量労働制の切り離しを要求。加藤勝信厚生労働相は「データはしっかり精査して説明する」として、法案の国会提出方針に重ねて理解を求めた。

スプートニク日本

集中審議で、自民党の橋本岳氏は首相に国会答弁の撤回について説明を求め、働き方改革の意義を尋ねる。

(c)KYODONEWS

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала