新燃岳、噴火の模様 降灰確認

気象庁は1日、宮崎、鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳(1421メートル)で噴火が起きた模様だと発表した。新燃岳東側の宮崎県高原町からは降灰が確認されたとの報告があった。共同通信が伝えた。

スプートニク日本

1日午前8時15分頃から火山性微動が発生し、午前中は振幅が増大しながら継続した。同庁は「噴火警戒レベル3(入山規制)」を維持している。新燃岳の噴火は昨年10月以来。

NHKによると、山頂付近には雲がかかっているため、噴煙の状況は確認できないという。また同庁は、火口からおおむね2キロの範囲で大きな噴石に、おおむね1キロの範囲で火砕流に警戒するよう呼びかけている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала