働き方法案、27日審議入り 野党、欠席の方針

CC0 / Pixabay / 東京
東京 - Sputnik 日本
安倍政権が今国会の最重要課題に位置付ける働き方改革関連法案は27日、衆院本会議で審議入りする。衆院議院運営委員会の古屋圭司委員長(自民党)が26日の理事会で、本会議開催を職権で決めた。立憲民主党など野党6党は、前財務事務次官のセクハラ疑惑などを踏まえ麻生太郎財務相の辞任を要求し国会審議を拒否しており、欠席する方針。与野党の攻防激化は必至で、6月20日までの会期内成立は不透明だ。

スプートニク日本

衆院厚生労働委員会も26日の理事懇談会で、立憲民主党など野党が欠席する中、働き方法案の趣旨説明を27日の厚労委で行い、審議に入ることを高鳥修一委員長(自民党)の職権で決めた。

(c)KYODONEWS

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала