市長会、保育無償化の半年延期を 「準備に相当な時間」

CC0 / Unsplash / 東京
東京 - Sputnik 日本
政府が2019年10月からの実施を目指す幼児教育・保育の無償化に関し、全国市長会は10日、「20年4月からの実施が望ましい」と半年間の延期を求める緊急アピールを発表した。保護者への周知やシステム改修など、円滑な実施に向けて準備に相当な時間がかかるためとしている。今後、政府に働き掛ける。

スプートニク日本

アピールは「無償化は、現場の意見を踏まえて実現することが重要だ」と強調。実施時期の変更のほか、無償化に対応するための人件費やシステム改修費への財政支援を求めた。

アピールは東京都内で開いた会合で採択した。

(c)KYODONEWS

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала