登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

5月28日が「ツシマの日」になるか、露の下院議員が法案作成

© Sputnik / Mikhail Ozersky / フォトバンクに移行対馬沖海戦の様子
対馬沖海戦の様子 - Sputnik 日本
フォローする
ロシア自由民主党(LDPR)のシェリン議員が5月28日を「ツシマの日」に制定することを提案、近く関連法案が下院に提出される予定だ。

スプートニク日本

対馬沖海戦は1905年5月27日から28日にかけて勃発した。対馬沖海戦は激しい砲撃戦となり、日露戦争の分水嶺となったことは知られている。ロシアで5月上旬は特に祝祭日が多いことから、対馬沖海戦の悲劇が忘れられやすい現状がある。「ツシマの日」 制定準備はこうした憂慮を反映して進められていると見られ、法案の書付には「 我々はロシア艦隊がたどった大いなる悲劇を忘れることはできないし、この先も忘れてよいものではない」と記されている。法案には、対馬の悲劇の原因について、国家権力がロシア艦隊に対する配慮を怠り、その要求をないがしろにしたためとする解釈が付されており、「重すぎるこの歴史の教訓は今日もなお全く意義を失っていない」と、強調されている。

シェリン議員は、「ツシマの日」制定を通して、戦場に散った数千人ものロシア艦隊乗組員の記憶を歴史に残したいとの考えを示している。

関連ニュース

日露合作「ソローキンの見た桜」モスクワの日本映画祭で紹介:来場者から「歴史に残る映画」との声

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала