登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

BMW大株主の2人 裕福な相続人としての生活「楽しくない面も」

CC0 / / BMW
BMW - Sputnik 日本
フォローする
独自動車メーカーBMWの株式のほぼ半数をきょうだい2人で所有しているズザンネ・クラッテン氏(姉)とシュテファン・クヴァント氏(弟)が、20日までに独ビジネス誌とのインタビューで、自身が所有する富に関連した諸問題について不平を述べた。米ブルームバーグ通信が20日に伝えた。

スプートニク日本

インタビューの中でクラッテン氏は「多くの人々は、我々が常に地中海のヨットの上で無為に時を過ごしていると信じている」と述べた上で、実際はそうではないとし「『富の守り手』としての役割にもやはり、それほど楽しくはない固有の側面がある」と説明している。

世界の超金持ち、3人目が出現 - Sputnik 日本
世界の超金持ち、3人目が出現
本人らによると、2人はもともと、まだ非常に若い年齢のうちから幹部の地位に就くことについて、居心地の悪さを感じていたという。クヴァント氏の場合、取締役に初めて選ばれた当時、およそ30歳だった。クヴァント氏は、この時までに普通の製品開発責任者としてしばらく働くか、あるいは建築学を学んでおきたかったという。

クラッテン氏とクヴァント氏は、2人の父親である実業家の故ヘルベルト・クヴァント氏から財産を相続した。ヘルベルト氏は第2次世界大戦後、最もよく知られる自動車メーカーの一つにBMWが変貌する上で支援を行った人物。

関連記事

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала