登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

九州で大雨特別警報の可能性 命を守る行動を 気象庁

© AP Photo / Shizuo Kambayashi日本、女性と子供(アーカイブ写真)
日本、女性と子供(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
フォローする
九州地方に大雨が降り続いていることで、気象庁が緊急会見を開き、今後、西日本豪雨の際にも発表した大雨特別警報を出す可能性があると説明した。

降り始めからの雨量が千ミリ近くに達するなど、九州地方の大雨は記録的なものとなっている。梅雨前線の活動が一段と活発になる影響で、3日から4日にかけ、雷を伴う猛烈な雨が降る恐れがある。

すでに鹿児島市は住民59万4千人に対し、緊急の避難指示を出した。また、共同通信は、霧島市の住民約12万5千人と姶良市の住民7万7千人に対しても 避難指示が出されたと報じた。

気象庁の黒良龍太主任予報官は、「 非常に激しい雨が同じような地域で数時間続くような場合には、大雨特別警報を発表する可能性もある」とし、特別警報の発表を待つことなく、早めの避難、命を守る行動をとるように訴えた。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала