ケイティー・ペリーにセクハラ疑惑 MV共演の男性モデルがインスタで告発

有名女優や女性アスリートらがセクハラを訴えることが多くなった。それだけハラスメントへの意識が社会的に高まったと言えるだろう。しかし、今回は大物女性アーティストから屈辱的なハラスメントを受けたと、かつてMVで共演した男性モデルが告発した。

セクハラの疑いで告発されたのはケイティー・ペリー。2010年 に楽曲「ティーンエイジ・ドリーム」を発表、そのMVで共演した 男性モデルのジョシュ・クロスから被害が告発された。

ジョシュによれば、2012頃にスタイリストのジョニー・ ヴイェクの誕生日パーティーに出席した際、 ケイティにズボンと下着を下ろされ、 周囲の人たちに下半身を見られたという。

音楽の行き先を決める25の曲 NYタイムズが選抜 - Sputnik 日本
音楽の行き先を決める25の曲 NYタイムズが選抜
インスタグラムでの告発では、ジョシュが彼女に会わせたい友人をパーティーに連れて行き、その友人に紹介しようとした瞬間、ケイティーがアディダスのスウェットと下着を下まで下ろし、下半身が露になってしまったという。とても哀れで恥ずかしかったと当時の心境を綴っている。ケイティーとジョシュは、彼が友人を紹介しようとするまではハグをしていたという。

また、ジョシュは、自分たちの文化では権力のある男性が強情を張っているが、権力のある女性たちも同じように「最低だ」と訴えている。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Joshkloss (@iamjoshkloss)

ケイティーやその代理人からは今のところコメントは発表されていない。しかし、パーティーの主役だったジョニーによれば、ケイティーがそんなことをするはずがなく、とんでもないたわ言だと話しているという。

「ティーンエイジ・ドリーム」は、ケイティー・ペリーが2010 年にリリースした同名の大ヒットアルバムに収録された楽曲。 米ビルボード総合シングルチャートで1位を獲得、MVも大きな話題を呼んでいた。

関連ニュース

オペラ歌手ドミンゴ氏にセクハラ疑惑 米国で2公演中止に

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала