ビル・ゲイツ氏が発言 世界はいつ新型コロナウイルスを克服するか

© AP Photo / Samuel Habtabビル・ゲイツ氏
ビル・ゲイツ氏 - Sputnik 日本
マイクロソフト社の創業者ビル・ゲイツ氏は、新型コロナウイルスを封じ込めるのに成功するのは2年半先だと考えている。

『ワイアード』誌のインタビューでゲイツ氏は、「私にはこんな感覚がある、それは、私たちの豊かな世界は、基本的には新型コロナを2021年末までに克服するが、しかし、全体的にはこの問題が片付くのは2022年末となる」と語った。

ビル・ゲイツ氏(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
ビル・ゲイツ氏、「コロナウイルスよりも危険な大災害」を予言
ゲイツ氏によれば、この期間までにパンデミックを収束するためには、大きなイノベーションの発展が不可欠だという。

また、ゲイツ氏は、パンデミックは現実的にマラリアやポリオ、HIVへ対応する薬の開発の進展を遅れさせたと考えている。

ゲイツ氏は、「2020年のはじめの状況に私たちが戻るには数年かかる。これは第1次世界大戦でも、第2次世界大戦でもないが、全システムへの否定的衝撃の規模としては同程度と言える」と強調した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала