「ご飯はまだかね?」 はらぺこ猫、お気持ちをピアノで表現

夕飯が待ち遠しくてたまらない一匹の猫。その気持ちを、即興メロディに乗せて表現した。こんな風にねだられたら、飼い主も折れてしまうかも?

米ペンシルバニア州フィラデルフィアに暮らすウィンスローは、飼い主のケイトさん曰くかなりのかまってちゃん猫。何かというと鳴きながら部屋中を走り回り、ケイトさんを悩ませていた。

「このままではいけない」と思い立ったケイトさんはある時、試しに小さなおもちゃのピアノをプレゼント。するとウィンスローは走り回る代わりに、お腹が空いたときやトイレ交換したい時はもちろん、ただかまってほしい時には鍵盤を叩くようになった。

意外な才能を開花させたウィンスローだが、ピアノを弾くときもニャーと鳴く癖は健在。かまって癖はまだまだ抜けないようだ。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала