登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

赤松衆院副議長が引退表明 愛知5区後継に県議

フォローする
立憲民主党の赤松広隆衆院副議長(72)=愛知5区=が12日、名古屋市内で記者会見し、次期衆院選に立候補せず今期限りで引退する意向を正式に表明した。党愛知県連は、愛知5区の後継候補者に西川厚志愛知県議(51)を擁立すると発表した。

赤松氏は引退の理由に関し「衆院議員になった時から70歳を超えて選挙はしないという信念だった。75、80歳までやれば後に続く若い人の芽を摘むことになる」と説明した。

立民の現状について「政権、自民党の支持率は下がっているが、残念ながら無党派に流れて支持が立民に集まらない」と指摘。自民党と違う政策を明確に打ち出すべきだと訴えた。

(c)KYODONEWS

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала