登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

横浜市長選告示、過去最多の8人 IR誘致是非が最大の争点

フォローする
任期満了に伴う横浜市長選が8日、告示され、計8人が届け出た。市によると、立候補者は過去最多。

届け出たのは、いずれも無所属で、元長野県知事田中康夫氏(65)、前国家公安委員長小此木八郎氏(56)、横浜市立大元教授山中竹春氏(48)=立民推薦、現職林文子氏(75)、前神奈川県知事松沢成文氏(63)の他、新人の元横浜市議太田正孝氏(75)、水産仲卸会社社長坪倉良和氏(70)、元衆院議員福田峰之氏(57)。

当選に必要な法定得票数に届く候補がおらず、再選挙となる可能性も取り沙汰されている。カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致の是非が最大の争点となる。

(c)KYODONEWS

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала