日本 硫黄島近海の海底火山「福徳岡ノ場」が噴火か

日本の硫黄島の南、福徳岡ノ場付近で噴煙が確認され、海底火山が噴火したとみられている。ウェザーニュースが伝えている。

気象庁によると、13日午前6時20分ごろ、海底火山「福徳岡ノ場」から噴煙が上がった。気象衛星の画像では、白色の噴煙が西の海上に広がっているのが確認できる。

​同エリアで噴火が観測されたのは、2010年2月以来。気象庁は周辺海域に噴火警報を継続し、航行する船舶や航空機に警戒を呼びかけている。

NHKによると、福徳岡ノ場では6月、周辺の海面が変色するなど火山活動の活発化が確認されていた。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала