登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

日本初確認のラムダ株感染者は、東京オリンピック関係者 新型コロナ

© AP Photo / Eugene Hoshiko日本初確認のラムダ株感染者は、東京オリンピック関係者 新型コロナ
日本初確認のラムダ株感染者は、東京オリンピック関係者 新型コロナ - Sputnik 日本, 1920, 13.08.2021
フォローする
新型コロナウイルスの変異株の1つ「ラムダ株」に感染したと日本で初めて確認された人物が、東京オリンピック関係者であることが分かった。共同通信が伝えている。

ラムダ株は、南米ペルー由来とされている変異株。その人物は30代の女性でペルーに滞在歴があり、7月20日に羽田空港に到着し、空港での新型コロナウイルス検査で陽性が確認された。その後、国立感染症研究所がその人物からウイルスを分析したところ、ラムダ株であることが判明した。

世界保健機関(WHO)は、ラムダ株を「注目すべき変異株」と定めている。従来の新型コロナウイルス株よりも感染力が強いとみられているが、詳しいことはまだ分かっていない。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала