登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

神奈川で小型ヘリ墜落 操縦していた男性医師が死亡

フォローする
日本の神奈川県秦野市で7日朝、農道に小型ヘリが墜落し操縦していた男性が死亡した事故で、死亡したのは福井県福井市の医師であることが分かった。また、現在、国の運輸安全委員会が事故の原因を調査している。日本のメディアが伝えた。
読売新聞の報道によると、秦野市今泉で7日午前6時50分頃、住民から「ヘリコプターが降りてきて見えなくなった」と通報があった。県警が確認したところ、農道に小型ヘリコプターが墜落しており、操縦していた男性は搬送先の病院で死亡した。
その後の調べで、死亡したのは福井市の医師、加藤諒さん(28)と確認された。
現場は小田急小田原線・秦野駅から約1.5キロ離れた田園地帯。近隣の建物への被害はなかったが、機体の損傷が激しく、周囲には部品が散らばっている状態だという。
現場へは運輸安全委員会が航空事故調査官2人を派遣し、事故の原因を調査中とのこと。
国土交通省の発表によると、墜落したのは加藤さんの所有する「ロビンソン式R22型機」。加藤さんは同日午前6時35分頃、神奈川県大井町の離着陸場を離陸し、千葉県木更津市に向かう予定だった。
関連記事
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала