韓国、北朝鮮のSLBMを迎撃することは可能

© REUTERS / KCNA北朝鮮のSLBM
北朝鮮のSLBM - Sputnik 日本, 1920, 21.10.2021
韓国の徐旭(ソ・ウク)国防相は21日、北朝鮮が19日に発射した潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)について、「初歩の段階」にあり、このようなミサイルの迎撃は可能だとの見解を示した。韓国の聯合ニュースが報じた。
聯合ニュースによると、徐氏は国会国防委員会による国政監査で答弁し、北朝鮮が19日に発射したSLBMについて初歩の段階なのではないかと考える」とし、「SLBMは発射それだけで分析するものではない。発射プラットフォームの問題や、発射後にプラットフォームが安定的に運用されるかどうかなどを見極めなければならない」と指摘した。
また徐氏は、北朝鮮のSLBMを迎撃することは可能かとの問いに対し「可能だと判断する」と答えたという。
北朝鮮は19日、日本海に向けてSLBMを発射し、発射は成功したと発表した。米国、韓国、日本は、飛行距離やその他のパラメータをすぐに特定することができなかったため、北朝鮮のミサイルを追跡し、必要に応じて撃墜することはさらに困難になっていると考える根拠を専門家らに与えた。
北朝鮮は新型SLBMについて、側面機動や「滑空跳躍」などの進化した誘導制御技術が導入されたと発表した。
韓国は、ミサイルの飛行距離は450キロ~590キロで、高度は最大60キロと推定した。日本は、ミサイルは2発発射されたと発表した。
関連記事
北朝鮮の弾道ミサイル、飛距離は430-450キロメートル=聯合ニュース
北朝鮮の弾道ミサイル発射 専門家らが精察
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала