登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Концепция современных технологий - Sputnik 日本, 1920
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

月の土壌から酸素を抽出可能に 中国

© AP Photo / China National Space Administration/Xinhua News Agency中国の月探査機「嫦娥5号」
中国の月探査機「嫦娥5号」 - Sputnik 日本, 1920, 24.10.2021
フォローする
中国の月探査機「嫦娥5号」で行われた、月面の土壌から酸素を抽出する実験の結果は良好。サウスチャイナ・モーニング・ポストが、このことについて報じている。
同紙によると、月で採取された土壌から酸素を直接抽出する実験は、小型の装置を使い2500度まで温度を上げて行われた。月の土壌には、酸化チタンや鉄の酸化物が豊富に含まれており、高温にすると酸素と金属が放出される。中国の月探査計画では、月の土壌を高温にすることで、宇宙飛行士が月で呼吸するための酸素だけではなく、使用可能な原材料を生産することを目指している。
中国 「神舟2号」の打ち上げ - Sputnik 日本, 1920, 27.06.2021
CNN:宇宙分野での中国の成功は米国主導に疑念を抱かせる
「嫦娥5号」のミッションを担当する中国の専門家らは、この方法で月の土壌100キログラムから最大で30キログラムの酸素を抽出できると明らかにした。この方法をマスターすることは、中国とロシアが将来、月面での計画を行う上での条件の1つになるという。両国は、2035年までに科学研究のための月面基地を建設し、月に滞在する人々に酸素を安定的に供給することで合意している。この計画では、太陽パネルから供給される電力によって、土壌からの酸素の抽出と副産物などの回収が実施されるという。
スプートニクは以前、ロシアと中国が2026年から2035年にかけて国際的な月面基地を建設する計画について報じている。
関連ニュース
中国が月に行った「宇宙米」の初の収穫
米研究者 月面での天然資源採掘、基地建設のロボット団を開発へ
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала