登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

帝国ホテル東京 本館の新デザインが発表される

CC BY-SA 3.0 / Kakidai / Гостиница Imperial Hotel Tokyo
Гостиница Imperial Hotel Tokyo - Sputnik 日本, 1920, 27.10.2021
フォローする
明治時代の1890年、日本の迎賓館として開業した「帝国ホテル東京」は27日、建て替えを予定し、15年後の2036年に完成を見込む新本館の外観のデザインを発表した。NHKが報じた。
「帝国ホテル東京」は建物の老朽化に伴い、15年かけて全面的に建て替えられることが決定している。
同社は27日、4代目となる新本館の外観のデザインを公表。フランスを拠点に活動する世界的な日本の建築家、田根剛さんが手がけた。
ピラミッド状になった形状が特徴で、「東洋の宝石」と称された2代目本館のコンセプトを継承しているという。
建物の高さや客室数などは今後決定する方針。
帝国ホテルの定保英弥社長は記者会見で「新型コロナウイルスの影響で大変な時期だからこそ、帝国ホテルの原点に立ち返るデザインをお願いした。風格と重厚感のあるホテルづくりを目指したい」と述べた。
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала