登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

2年間首にタイヤをぶら下げていた野生シカ ついに地元当局が外すことに成功 米

フォローする
米コロラド州の森林保護区で、少なくとも2年間、首にタイヤをぶら下げていたアメリカアカシカが目撃されていた。しかし同州の公園園野生生物局(CPW)が今月、ついにそのタイヤを外すことに成功したと発表した。
CPWが初めてこのシカを目撃したのは2019年夏。シカは重さ約9キロのタイヤを少なくとも2年間、首につけたまま自然保護区をさまよっていた。
CPWの懸念は、繁殖期、首太くなったときにタイヤが血流を妨げたり、体の成長を妨げる可能性があることだった。
そこで職員が9日、麻酔銃を使用してシカを捕獲。ついにタイヤを取り外すことに成功した。
タイヤには金属が使われていたため、やむを得ず角を切り落としたとのことだが、こうしてシカはタイヤから解放されたのだった。
職員によれば、シカの健康状態は良好で、次の春には新しい角が生えてくるという。
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала