Художественное изображение молекул ДНК - Sputnik 日本, 1920
新型コロナウイルス
各国の感染対策と成果、感染状況、ワクチンや変異株をめぐる情報など最新のコロナ関連ニュースを網羅

ロシア直接投資基金、イスラエルによるスプートニクVの承認を歓迎

© Sputnik / Vladimir Trefilov / フォトバンクに移行ロシア製ワクチン スプートニクV
ロシア製ワクチン スプートニクV - Sputnik 日本, 1920, 29.10.2021
イスラエルは、ロシアで開発された新型コロナウイルスのワクチン「スプートニクV」を承認し、このワクチンを接種した外国人の入国を11月中旬から許可する。ただし、1日あたりの感染者数急増によりロシアが「レッドリスト」に載る場合、日程は延期される可能性がある。
ロシア直接投資基金(RDIF)はイスラエル政府によるスプートニクVの承認を歓迎し、ワクチン差別の廃止を求めた。
RDIFは10月28日のプレスリリースで、ロシア製ワクチンを接種した外国人の入国を許可した国々は観光を後押しし、経済の迅速な回復に繋がると強調した。
米国防総省 - Sputnik 日本, 1920, 28.10.2021
新型コロナウイルス
米兵の97%が1度目のコロナワクチンを接種=米国防総省
イスラエルはロシア製ワクチンを接種した外国人の入国を許可し、これで承認国は101カ国になった。
ロシア福祉財団によると、スプートニクVを接種した外国人から追加の証明書を要求しない国は31ヵ国に達しているほか、入国時に陰性のPCR検査結果、または抗体保有検査結果の提出を要求する国は50ヵ国となっている。また、到着時の検疫を要求する国は20ヵ国。
イスラエルのヨエル・ラズヴォゾフ観光相は10月27日、スプートニクVの承認を発表した。観光相によると、スプートニクVを接種した観光客は入国時に血液検査を受ける必要があるものの、世界保健機関(WHO)がロシア製ワクチンを承認すれば、この要件は削除されるという。WHOは年内にスプートニクVの使用を承認する見通し。
関連ニュース
北京 3歳以上の児童へのコロナ・ワクチン接種を開始
ロシア政府 ワクチン強制の可能性にコメント
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала