トヨタとスバルが共同開発 新しい電気自動車の仕様を発表

CC BY-SA 2.0 / Yohann Legrand / Logo Toyotaトヨタ
トヨタ - Sputnik 日本, 1920, 29.10.2021
29日、トヨタ自動車はスバルと共同開発中の新しい電気自動車(EV)「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」の仕様などについて発表した。ロイター通信が報じた。
Z4Xは、2022年から日本をはじめ、中国や欧州、北米などで販売を開始するEVの「bZ」シリーズの第一弾となる。日本向けには前輪駆動(FWD)と4WDが用意される。
Xiaomi - Sputnik 日本, 1920, 20.10.2021
中国シャオミ、2024年前半にEV量産
同車の走行距離は、1回のフル充電でおよそ500キロ(FWD車)。電池容量を増やせば走行距離の延長は技術的には可能だが、価格とのバランスなどを考慮したとされる。停車中や災害時でも充電が可能なソーラーパネルが装備されたモデルも設定されている。生産は日本と中国で行われるが、場所に関しては明らかにされていない。
トヨタはすでに6種のEVをリリースしているが、コスト面から他のメーカーなどと共同開発をすすめ、25年までに7車種をbZシリーズとして発表することを計画している。
関連ニュース
身体を張って雹からスポーツカーを守る男性【動画】
トヨタ 生産計画見直し30万台減産 コロナによる部品供給不足
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала