新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

「熱い地球はどう見える」 研究者らが警告 熱波はこれから頻発する

© 写真 : Pixabay気候変動
気候変動 - Sputnik 日本, 1920, 01.11.2021
エディンバラ大学の研究者らは、欧州を10年に一度の頻度で襲っていた熱波が今や毎年繰り返される現象になりうるとの調査結果を明らかにした。ポータルPhys.org が引用して報じている。
論文の筆者のひとり、ロス・スレイター氏は、「カナダと米国でこの夏観測された記録的な猛暑は、気温が上昇した世界がどう見えるかを物語っている」と書いている
研究者らの見解では、地球の広範囲で最高気温は6度上昇する恐れがある。
エディンバラ大学は地球温暖化が進んだ場合の2つのシナリオのシュミレーションを構築した。1つは人類はパリ協定で決められた、気温上昇を1.5度から2度に抑える目標を達成した場合。もうひとつは気温がそれよりも高くなり、平均で3度の上昇が起きた場合。
気候変動 - Sputnik 日本, 1920, 30.09.2021
地球の温暖化で数十種の動物が絶滅
その結果、どちらの場合も、一部の地域を除き、ほぼ地球全体で年間の極端な気温が上昇することがわかった。中でも南ヨーロッパ、アジア、南米、北極が最も大きな影響を受けていた。
また熱波の発生頻度は第1のシナリオでは現在の3倍、2つ目のシナリオでは8倍になっている。
関連ニュース
グテーレス国連事務総長 2021年の異常気象で2000万人が家を失う
火星に大洪水の痕跡 米国人研究者が明らかに
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала