登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

日本航空 1460億円の赤字見通し 最終赤字になれば2年連続

© 写真 : Japan AirlinesJL
JL - Sputnik 日本, 1920, 03.11.2021
フォローする
日本航空が2日発表した2021年度末(来年3月)までの1年間のグループ全体の業績予想で、最終的な損益は1460億円の赤字となり、2年連続で最終赤字となることが明らかにされた。NHKが報じた。
NHKがJALの発表を引用して報じたところによれば、日本航空は今年度1年間のグループ全体の最終的な赤字額を1460億円と試算している。日本航空の最終赤字は2800億円を超えた昨年度に続いて2年連続となるものの、昨年同時期の赤字幅と比較した場合、約600億円の縮小となった。
赤字の最大の理由はコロナウイルスによる利用者の大幅減少。2021年7-9月までの3カ月の利用者数をパンデミックが始まる前の2019年の同時期と比較した場合、国内線で34%、国際線で8%にとどまったが、日本航空はワクチンの効果が進み、年明けの2022年3月にはこの数値は国内線で92%、国際線で23%まで回復すると見込んでいる。
関連ニュース
エアバス開発中の「空のタクシー」
日本の戦闘機 飛行時にコックピットの90キロの風防が落下
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала